コロキウム

コロキウム

iTHEMSコロキウム

High-Energy Neutrino Astrophysics in the Multimessenger Era

2021年10月28日15:00 - 16:30

村瀬 孔大 (Associate Professor, Pennsylvania State University, USA)

The discovery of high-energy cosmic neutrinos opened a new window of astroparticle physics. Their origin is a new mystery in the field, which is tightly connected to the long-standing puzzle about the origin of cosmic rays. I will give an overview of the latest results on high-energy neutrino and cosmic-ray observations, and demonstrate the power of "multimessenger" approaches. In particular, I will show that the observed fluxes of neutrinos, gamma rays, and extragalactic cosmic rays can be understood in a unified manner. I will also highlight the recent developments about astrophysical neutrino emission from supermassive black holes and violent transient phenomena. Possibilities of utilizing high-energy neutrinos as a probe of heavy dark matter may be discussed.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Finding Gravitational Waves from the Early Universe

2021年9月27日16:00 - 17:30

小松 英一郎 (Director, Max Planck Institute for Astrophysics, Germany)

The Cosmic Microwave Background (CMB) gives a photographic image of the Universe when it was still an “infant”. We have been using it to test our ideas about the origin of the Universe. The CMB research told us a remarkable story: the structure we see in our Universe such as galaxies, stars, planets, and eventually ourselves originated from tiny quantum fluctuations in the period of the early Universe called cosmic inflation. While we have accumulated strong evidence for this picture, the extraordinary claim requires extraordinary evidence. The last prediction of inflation that is yet to be confirmed is the existence of primordial gravitational waves whose wavelength can be as big as billions of light years. To this end we have proposed to JAXA a new satellite mission called LiteBIRD, whose primary scientific goal is to find signatures of gravitational waves in the polarisation of the CMB. In this presentation we describe physics of gravitational waves from inflation, and the LiteBIRD proposal.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Quantitative Population Dynamics in Interdisciplinary Biology

2021年7月8日10:30 - 12:00

岩見 真吾 (名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 教授)

Through the course of life, from the moment of birth till death, an organism will achieve various states of equilibrium or ‘homeostasis’ which will inevitably encounter perturbations. The processes of cell growth, differentiation, infection, mutation, evolution and adaptation work together as a coordinated ‘system’, described by mathematical models for population dynamics, to maintain a healthy state. Any disruptions to this system leads to disease including infection, allergy, cancer, and aging. We are conducting interdisciplinary research to elucidate “Quantitative Population Dynamics” through the course of life with original mathematical theory and computational simulation, which are both our CORE approach. Our mathematical model-based approach has quantitatively improved a current gold-standard approach essentially relying on the statistical analysis of “snapshot data” during dynamic interaction processes in life sciences research. In this talk, I will explain how our interdisciplinary approach extends our understanding for complicated clinical data and apply real world problem with an example of the Novel Coronavirus Disease, COVID-19.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS共催 SUURI-COOL (Kyoto)

第16回 MACSコロキウム

2021年7月5日15:00 - 18:00

谷村 吉隆 (京都大学大学院 理学研究科 教授)
西森 秀稔 (数理創造プログラム 客員主管研究員 / 東京工業大学 特任教授)

15:00- 谷村 吉隆 博士 「生物化学物理を支配する非平衡量子統計力学」 16:15- 西森 秀稔 博士 「量子アニーリングを用いた量子系のシミュレーション」 17:15- 継続討論会

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第15回 MACSコロキウム・2021年度MACS学生説明会

2021年4月23日15:00 - 17:30

石川 博 (早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科 教授)

15:00- 石川 博 博士「機械に認識させるとはどういうことか」 16:05- 2021年度MACS学生説明会

会場: via Zoom

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Mirror symmetry and KAM theory

2021年4月16日13:30 - 15:00

深谷 賢治 (Permanent Member, Simons Center for Geometry and Physics, Stony Brook University, New York, USA)

13:30pm-15:00pm (JST) Mirror symmetry is a phenomenon discovered in String theory and is much discussed recently in mathematics especially in the field of complex (algebraic) geometry and symplectic geometry. Strominger-Yau-Zaslow found that this phenomenon is closed related to a Lagrangian torus fibration. In an integrable system in Hamiltonian dynamics, the phase space is foliated by Lagrangian tori. I would like to explain a program that the Lagrangian torus fibration found by Strominger-Yau-Zaslow could be regarded as one appearing certain integrable system and KAM theory (which describes a amiltonian dynamics that is a perturbation of an integrable system) could appear in the situation of Mirror symmetry.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第14回 MACSコロキウム・2020年度MACS成果報告会

2021年2月17日15:00 - 17:30

金子 善宏 (京都大学理学研究科 地球惑星科学専攻 地球物理学教室 准教授)

15:00- 金子 善宏 博士「数値シミュレーションで地震現象の謎に迫る」 16:05- 2020年度MACS成果報告会 16:30- 各スタディグループの意見交換

会場: via Zoom

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Geometry (形); Inconspicuous regulator that determines the fate of cells

2020年12月14日10:00 - 11:30

Prof. Sungrim Seirin-Lee (広島大学 教授)

December 14 at 10:00-11:30, 2020 (JST) December 13 at 20:00-21:30, 2020 (EST) In the history of mathematical study in pattern formation, the effect of domain has been considered as an important factor that can regulate spatial patterning. However, it is still unknown in biology how the geometry of the domain such as nuclear or cellular shapes can directly regulate the cell fate. In this talk, I will introduce two studies of spatial reorganization in chromatin and cellular dynamics and show that the domain is likely to play a critical role in determining the cell function.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

iTHEMSコロキウム 理研数理後援

The Unreasonable Effectiveness of Quantum Theory in Mathematics

2020年11月26日10:00 - 11:30

Prof. Robbert Dijkgraaf (Director, Institute for Advanced Study in Princeton, USA)

November 26 at 10:00-11:30, 2020 (JST) November 25 at 20:00-21:30, 2020 (EST) The physical concepts of quantum theory, in particular of quantum gravity and string theory, have proven to be extremely powerful in addressing deep problems in pure mathematics, from knot invariants to algebraic geometry. Is there such a thing as “quantum mathematics”? Should we add Feynman diagrams, strings, branes and black holes to the language of mathematics?

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第13回 MACSコロキウム

2020年11月13日15:00 - 18:00

川口 真也 (京都大学理学研究科 生物物理学教室 高次情報形成学講座 教授)
杉田 有治 (数理創造プログラム 上級研究員 / 理化学研究所 開拓研究本部 杉田理論分子科学研究室 主任研究員)

15:00- 川口 真也 博士「神経系のやわらかい情報処理」 16:15- 杉田 有治 博士「計算機シミュレーションで細胞の中を観る」 17:15- 継続討論会

会場: via Zoom

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第12回 MACSコロキウム・2020年度MACS学生説明会

2020年7月17日15:00 - 18:30

平岡 裕章 (京都大学高等研究院 (KUIAS) 教授 / 理化学研究所 革新知能統合研究センター (AIP) トポロジカルデータ解析チーム チームリーダー)
田中 求 (ハイデルベルク大学 物理化学研究所 教授)

15:00- 平岡 裕章 博士「トポロジカルデータ解析:理論と応用」 16:15- 令和2年度 MACS 学生説明会 17:30- 田中 求 博士「臨床医学の課題に切り込む数物科学」

会場: via Zoom

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

iTHEMS Intensive Course [4] : "Adaptive strategies of organisms, their mathematical bases" - Cancer as a mini-evolutionary process

2020年6月25日15:00 - 16:30

巌佐 庸 (数理創造プログラム 特別顧問 / 関西学院大学 教授)

Living systems exhibit features distinct from nonliving physical systems: their structure and behaviors appear to be chosen adaptive. They are the outcomes of evolution. Mathematical formalisms developed in engineering and social sciences (e.g. control theory, game theory, evolutionary game theory) are sometimes very useful in biology.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Emergence of life in an inflationary universe

2020年5月11日15:30 - 17:00

戸谷 友則 (東京大学 大学院理学系研究科 教授)

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Interaction Models in Quantum Optics, Representation Theory and Number Theory

2020年4月10日15:30 - 17:00

若山 正人 (数理創造プログラム 特別顧問 / 東京理科大学 副学長)

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第11回 MACSコロキウム・2019年度MACS成果報告会

2020年2月19日15:00 - 17:30

畑 浩之 (京都大学 理学研究科 教授)

15:00- ティータイム 15:15- 畑 浩之 博士「弦の場の理論とその数理」 16:40- 2019年度MACS成果報告会 第11回MACSコロキウム(iTHEMS協賛)です。理研和光への配信がありますが、可能な方は是非京都で参加してください。おいしいスイーツもありますよ。

会場: 京都大学 理学部 6号館 401講義室

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Exploring the learning principle in the brain

2020年1月16日15:30 - 17:00

豊泉 太郎 (理化学研究所 脳神経科学研究センター チームリーダー)

会場: 統合支援施設(第一食堂) 2階 大会議室

配信: 計算科学研究棟 R311 / SUURI-COOL (Kyoto) / SUURI-COOL (Sendai)

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第10回 MACSコロキウム

2019年11月15日14:45 - 18:45

坂井 南美 (理化学研究所 坂井星・惑星形成研究室 主任研究員)
渡邊 一也 (京都大学 大学院理学研究科 教授)

14:45- ティータイム 15:00- 坂井 南美 博士「21世紀の天文学 構造形成学から物質科学へ」 16:15- 渡邊 一也 博士「有機固体中の電子励起状態ダイナミクス」 17:45- 継続討論会 第10回MACSコロキウム(iTHEMS協賛)です。理研和光への配信がありますが、可能な方は是非京都で参加してください。おいしいスイーツもありますよ。

会場: 京都大学 理学部 6号館 401講義室

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Topological phases of matter and operator algebras

2019年10月4日15:30 - 17:00

河東 泰之 (数理創造プログラム 客員主管研究員 / 東京⼤学 ⼤学院数理科学研究科 教授)

会場: 大河内記念ホール

配信: 計算科学研究棟 R511 / SUURI-COOL (Kyoto) / SUURI-COOL (Sendai)

イベント公式言語: 英語

コロキウム

MACSコロキウム iTHEMS協賛 SUURI-COOL (Kyoto)

第9回 MACSコロキウム

2019年7月12日16:15 - 18:50

藤田 誠 (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
森 和俊 (京都大学大学院 理学研究科 教授)

16:15- ティータイム 16:30- 藤田 誠 博士 「ひとりでに組み上がる分子」 17:50- 森 和俊 博士「タンパク質の品質管理」 第9回MACSコロキウム(iTHEMS協賛)です。理研和光への配信がありますが、可能な方は是非京都で参加してください。おいしいスイーツもありますよ。

会場: 京都大学 理学部 6号館 401講義室

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

Spacetime Geometry of Black Holes, Wormholes, and Time Machines

2019年7月2日15:30 - 17:00

Prof. Pei-Ming Ho (Department of Physics National Taiwan University)

会場: 統合支援施設(第一食堂) 2階 大会議室

配信: 計算科学研究棟 R511 / SUURI-COOL (Kyoto) / SUURI-COOL (Sendai)

イベント公式言語: 英語