理研数理共催

講演会・レクチャー

産学連携数理レクチャー 理研数理共催

量子コンピュータ実用化に向けて

2020年12月4日10:30 - 12:00

松浦 俊司 (数理創造プログラム 客員研究員(企業) / 1QBit Quantum Simulation division Fundamental Researcher)

量子コンピュータは古典コンピュータとは異なる原理に基づいて動いており、自然科学を含む様々な分野において大きな変化をもたらすと考えられている。特にこの数年の進展は著しく、量子計算の古典計算に対する優位性が実験的に初めて示されるなど、期待されているマイルストーンが着実に達成されていっている。一方で量子コンピュータの発展において常に障害となっているのがノイズである。量子状態はノイズの影響を受けやすく、現...続きを読む

会場: via Zoom

イベント公式言語: 日本語