採用情報

特別研究員募集(W20086)*理論物理学の研究

締め切り: ポストが決まり次第

iTHEMSでは、理論物理学(物性物理学、素粒子物理学、原子核物理学を含む)の特別研究員を募集している。特に、時間依存密度行列繰り込み群(DMRG)を用いた断熱量子コンピュータ(AQC)シミュレータの開発プロジェクトに貢献する人材が期待されている。このプロジェクトは、理化学研究所、カリフォルニア大学バークレー校、ローレンス・バークレー研究所、米国エネルギー省が共同で支援する断熱量子コンピュータの有効性を探るためのバークレー地区での取り組みの一環である。また、AQCシミュレータの開発に加え、iTHEMSでは数学、物理学、化学、生命科学、工学計算科学、情報科学、社会科学、バークレーでは物理学、数学、計算科学などの研究者との分野を超えた学際的な相互作用によりトップレベルの研究を行うことができる。

研究員または上級研究員募集(W20095)*極限宇宙の理論研究

締め切り: ポストが決まり次第

今回公募する研究員または上級研究員は、極限宇宙の理論研究(高エネルギー宇宙物理、超新星爆発、中性子星、ブラックホール、初期宇宙などを含む)を推進するとともに、iTHEMSの理念を理解し、数学・物理学・化学・生命科学・工学・計算科学・情報科学・社会科学などにまたがる分野横断的研究の促進に強い意欲を持って主導的な役割を果たすことが期待されている。また、iTHEMSは、2020年9月にカリフォルニア大学バークレー校に設立されたNSF Physics Frontier Centerと連携して宇宙物理学の推進を図っており、採用された場合には、このような国際共同研究に積極的な役割を果たすことも期待されている。

特別研究員募集(W20122)*進化・生態学の研究

締め切り: ポストが決まり次第

今回公募する特別研究員は、進化・生態学(集団遺伝学・疫学・定量生物学・生物情報学を含む)の研究を推進するとともに、iTHEMSの理念を理解し、数学・物理学・化学・生命科学・工学・計算科学・情報科学・社会科学などにまたがる分野横断的研究を促進することが期待されている。特に、iTHEMSに在籍する研究者と積極的にコミュニケーションを取り、自身の専門性を活かした研究を主体的に推進できる若手研究者の応募を歓迎する。関連研究者として、入谷亮介 研究員(進化生物学・理論生態学)のほか、集団遺伝学・分子生物学などの生物学をはじめ、数学・物理学・情報科学・化学など、様々な分野の研究者がiTHEMSに在籍している。個体群/群集動態理論、確率過程解析、進化ゲーム理論、確率シミュレーションなどの研究背景は評価されるが、過去の研究・実績よりも、研究計画の論理性・具体性・実現可能性を重視する。

特別研究員募集(W20157)*動的システムの物理学

締め切り: ポストが決まり次第

iTHEMSでは、Catherine Beaucheminと緊密に協力して、動的システムの物理学、特にウイルス物理学への応用を研究するポスドクを募集している。主に、宿主(in vivo)または細胞培養(in vitro)内でのウイルス感染のダイナミクスを記述する数理モデルおよびコンピュータモデルを構築することが仕事となる。これらのモデルは、マルコフ連鎖モンテカルロ法によるベイズパラメータ推定を用いて、実験的な感染データ(例えば、感染の過程で収集された毎日のウイルス濃度レベル)に対して検証あるいは応用される。これは実験プロジェクトではなく、研究に使用されるデータは、共同研究者が他の場所で収集したものや文献から取得したものとなる。候補者は、物理学(計算科学、量子科学、素粒子論、宇宙物理学、理論物理学)または応用数学の博士号を持っており、優れた英語力を持っていることが理想的である。生物学やウイルス学に関する経験は必要ない。可能ならばpythonまたは C/C++, Octave/Matlab でのプログラミングスキルを持っていること、組版言語 LaTeX に慣れていること、Linux オペレーティングシステムに慣れていること、常微分方程式系や偏微分方程式系、セルラーオートマタ/エージェントベースのシステムの実装や解法の経験を持っていることが望ましい。