日時
2020年12月6日14:00 - 16:00 (JST)
講演者
  • 長瀧 重博 (数理創造プログラム 副プログラムディレクター / 理化学研究所 開拓研究本部 (CPR) 長瀧天体ビッグバン研究室 主任研究員)
  • 井上 芳幸 (数理創造プログラム 客員主管研究員 / 大阪大学 ⼤学院理学研究科 宇宙地球科学専攻 准教授)
  • 横倉 祐貴 (数理創造プログラム 上級研究員)
会場
  • via Online
言語
日本語

~最新理論や観測結果からノーベル物理学賞解説まで!
 現役物理学者に学ぶ最新ブラックホール入門~

2020年ノーベル物理学賞は、ブラックホールの理論と観測に貢献したロジャー・ペンローズ博士、ラインハルト・ゲンツェル博士、アンドレア・ゲズ博士の3名が受賞した。近年もブラックホール合体からの重力波やブラックホール撮像といったホットな話題を提供し続けるブラックホールだが、皆さんは本当にブラックホールのことを知っているだろうか? 最先端のブラックホール研究者が、その正体と謎を解説する。

タイムスケジュール・講演内容

  • 14:00〜14:05 <はじめに>
  • 14:05〜15:35 <第1部> 3名の研究者による講演
    • 14:05~14:35 長瀧 重博「ブラックホールの特異点って何?~ペンローズが導いた一般相対性理論の限界点~」
    • 14:35~15:05 井上 芳幸「ブラックホールの探し方」
    • 15:05~15:35 横倉 祐貴「ブラックホールの中はどうなっているのか?」
  • 15:35〜15:40 < 休憩 >
  • 15:40〜16:00  <第2部> パネルディスカッション「ブラックホールの魅力に迫る」

詳細およびお申し込みは、関連リンクよりご参照ください。

関連リンク

関連ニュース