ワークショップ

ワークショップ

iTHEMS-RIMS International Workshop on Resurgence

2017年9月6日 - 8日

会場: 融合連携イノベーション推進棟(IIB) 8階

イベント公式言語: 英語

ワークショップ

研究会「サイン2乗変形(SSD)とその周辺」

2017年6月30日10:30 - 17:20

サイン2乗変形 (Sine-Square Deformation、略してSSD)が、量子系の結合定数を空間変調させる新しいタイプの境界条件として見出されて以来、共形場理論への展開を始めとして、物性・素粒子・場の理論などの様々な分野を横断する形で多くの知見が蓄積されてきました。その発見から10年が経とうとしている現在、これらの知見を総括、検討し、新たな発展の方向性を見出すことが求められています。そこでSSDの研究者が一同に会し、活発な議論を通じてSSDを端緒とした研究をより広げるとともに、研究を次の段階に推し進めることを目指し、本研究会を企画しました。関心のある方の積極的なご参加をお願いいたします。

会場: セミナー室 (160号室)

イベント公式言語: 英語

ワークショップ

RIKEN iTHEMSのアウトリーチについての研究会 2017

2017年6月9日 - 12日

「ジャーナリストと研究者の双方向的関係の構築」のため、「ジャーナリストが科学教育、研究の現場に出来るだけ長期間滞在する」という「ジャーナリスト・イン・レジデンス・プログラム」が2010年度に数理科学分野で始まり、2016年度まで毎年行われています。これは数学の研究を外部から見てもらい、将来的には社会と数学を近づけようという試みです。今回は、これまでの「ジャーナリスト・イン・レジデンス・プログラム」による交流の実績の上で、2016年11月に始動した理化学研究所の数理創造プログラムの研究と社会の関連付けを探るとともに、今後のジャーナリストと研究者の双方向的関係の構築のための議論を行います。

イベント公式言語: 日本語

ワークショップ

iTHEMS協賛

理研iTHES神戸量子物性研究会

2017年3月4日10:00 - 18:10

現在、物理学において「トポロジー」は非常に重要なキーワードです。本研究会では実験・理論での進展が著しい物性物理分野におけるトポロジカル現象に焦点を当てます。固体電子系、超流動ヘリウム、冷却原子気体といった系において、トポロジーがいかに創発されるか議論し、今後の展望を探ります。 This workshop is partially supported by iTHEMS.

会場: 融合連携イノベーション推進棟(IIB)

イベント公式言語: 英語