RIKEN Interdisciplinary Theoretical and
Mathematical Sciences Program
理化学研究所 数理創造プログラム

Featured News

Videos

数理創造プログラム(Interdisciplinary Theoretical and Mathematical Sciences Program, 略称 iTHEMS アイテムズ)は、理論科学・数学・計算科学の研究者が分野の枠を越えて基礎研究を推進する、理化学研究所の新しい国際研究拠点です。iTHEMSでは、「数理」を軸とする分野横断的手法により、宇宙・物質・生命の解明や、社会における基本問題の解決を目指しています。

iTHEMSについて

Upcoming Events

コンファレンス

iTHEMS協賛

社会課題は数理科学で解決できる!? -試みと課題-

2021年10月26日10:00 - 17:00

初田 哲男 (数理創造プログラム プログラムディレクター)
若山 正人 (東京理科大学 副学長)
坂上 貴之 (京都⼤学 ⼤学院理学研究科 数学教室 教授)
岩見 真吾 (名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 教授)
入江 広隆 (株式会社デンソー 先端技術研究所 アシスタントマネージャー)

昨今では、AI技術の飛躍的進歩や企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の進展を例として、数理科学の重要性がさまざまな分野でますます認識されつつあります。 アカデミアでは、宇宙、材料、生命、医療などの分野における研究拠点が作られ、そこでは数理科学の専門家がそれぞれの分野の研究活動の中で重要な役割を果たすようになっています。 一方、産業界でも”数学が持つ普遍性”や”データ解析による定量性・予測性”が有用であると考えられるようになり、自社の事業に対し積極的に数理科学を活用する企業もあらわれてきています。 このシンポジウムでは、数理科学を駆使した研究の社会への還元、実装をミッションとした研究を進めている研究者が集結し、最先端の研究成果に基づき「社会課題は数理科学で解決できる!?-試みと課題-」と題して、数理科学の社会における役割について議論します。

会場: 名古屋大学 野依記念学術交流館とZoomのハイブリッド開催

イベント公式言語: 日本語

コロキウム

iTHEMSコロキウム

High-Energy Neutrino Astrophysics in the Multimessenger Era

2021年10月28日15:00 - 16:30

村瀬 孔大 (Associate Professor, Pennsylvania State University, USA)

The discovery of high-energy cosmic neutrinos opened a new window of astroparticle physics. Their origin is a new mystery in the field, which is tightly connected to the long-standing puzzle about the origin of cosmic rays. I will give an overview of the latest results on high-energy neutrino and cosmic-ray observations, and demonstrate the power of "multimessenger" approaches. In particular, I will show that the observed fluxes of neutrinos, gamma rays, and extragalactic cosmic rays can be understood in a unified manner. I will also highlight the recent developments about astrophysical neutrino emission from supermassive black holes and violent transient phenomena. Possibilities of utilizing high-energy neutrinos as a probe of heavy dark matter may be discussed.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

セミナー

iTHEMS生物学セミナー

Toward mathematical medicine: development of a new drug and digital medicine for sleep disorders

2021年11月11日12:30 - 13:30

Dr. Jae Kyoung Kim (Associate Professor, Department of Mathematical Sciences, KAIST, Republic of Korea)

In this talk, I will illustrate collaborative stories between our math group and medical researchers to treat disrupted circadian rhythms and sleep. First, I will illustrate the key molecular mechanism for robust circadian rhythms against spatio-temporal noise, which we identified by analyzing spatio-temporal timeseries data of clock molecules. This explains why Alzheimer's diseases, obesity, and aging cause unstable circadian rhythms and sleep-wake cycle: cytoplasmic traffic jam, which provides a new paradigm to treat sleep disorders. Next, I will talk about our collaboration story with Pfizer Inc: how we used mathematical modeling to help the development of a new drug modulating the circadian phase. Finally, I will introduce our collaboration with Samsung medical center: how we used mathematical modeling to analyze complex sleep patterns of shift workers measured with wearables to find optimal sleep patterns minimizing sleep disorders. This opens the chance for the development of an app providing a personalized sleep schedule for shift workers.

会場: via Zoom

イベント公式言語: 英語

イベント一覧 イベントカレンダー

Opportunities

女性特定助教募集(京大MACS教育プログラム)

締め切り: 2021年12月24日

京都大学特定助教 1名(女性)。京大MACS教育プログラムと理研iTHEMSの連携を担う特定助教を募集しています。任期期間中、iTHEMS客員研究員の身分も付与されます。

特別研究員募集(W21169)

締め切り: ポストが決まり次第

特別研究員 若干名。特に、広い意味での量子重力理論の研究を探求する若手研究者の応募を歓迎する。関連研究者として横倉祐貴上級研究員がiTHEMSに在籍しているが、相補的で独自の専門知識をもち、自らの野心的動機に向かって邁進すると共にメンバー内でのシナジーを発揮する意欲のある若手研究者を募集しています。

特別研究員募集 (理研バークレーフェロー、N3AS関連) (W21157)

締め切り: ポストが決まり次第

特別研究員 若干名(理研バークレーフェロー)。ニュートリノ物理、元素合成、高密度物質と中性子星、ダークマター、宇宙物理シミュレーションなどに関連する理論的研究を遂行する特別研究員を募集します。

特別研究員募集(W21158)

締め切り: ポストが決まり次第

特別研究員 若干名。研究員の入谷亮介博士と共同で、力学系・確率過程・統計力学・情報理論等を用いた、集団遺伝学理論・分子系統学理論・生物情報学理論の学際的研究に、少なくとも50%のエフォートを費やすことができる方を募集します。

女性研究員または女性上級研究員募集(W21071)

締め切り: ポストが決まり次第

女性特別研究員または研究員 若干名。自然科学、数理科学、人文・社会科学のいずれかの分野で理論研究を行う女性研究員または女性上級研究員を募集しています。

特別研究員または研究員募集(W21003)

締め切り: ポストが決まり次第

特別研究員または研究員 若干名。副プログラムディレクターのCatherine Beauchemin博士と共同で、細胞培養におけるウイルスの拡散などの生物学的システムを記述する数値モデルを開発する研究に、少なくとも50%のエフォートを費やすことができる方を募集しています。

採用情報一覧

Latest News

2021-10-22

お知らせ

小谷元子客員主管研究員が、国際学術会議の次期会長に選出されました

10月14日に開催された国際学術会議(ISC:International Science Council)総会で、小谷元子客員主管研究員が、国際学術会議の次期会長(President-elect)に選出されました。任期は2024年から3年間です。 詳細は、関連リンクをご覧ください。

2021-10-21

今週の論文

Week 4, October 2021

Title: Quiescent luminosities of transiently accreting neutron stars with neutrino heating due to charged pion decay Author: He-Lei Liu, Zi-Gao Dai, Guo-Liang Lv, Akira Dohi, Gao-Chan Yong, Masa-aki Hashimoto arXiv: http://arxiv.org/abs/2110.09729v1 Title: Prospects of fast flavor neutrino conversion in rotating core-collapse supernovae Author: Akira Harada, Hiroki Nagakura arXiv: http://arxiv.org/abs/2110.08291v1 Title: Involutions, knots, and Floer K-theory Author: Hokuto Konno, Jin Miyazawa, Masaki Taniguchi arXiv: http://arxiv.org/abs/2110.09258v1

2021-10-21

イベントスケジュール

Events for the 5th week of October 2021

Tuesday, October 26, 10:00- Conference: Can social issues be solved by mathematical science? -attempts and challenges Thursday, October 28, 15:00- iTHEMS Colloquium Friday, October 29, 12:30- Coffee Meeting

ニュース一覧 ニュースレター