Date
September 26 at 9:00 - September 27 at 17:00, 2019
Venue
Faculty of Science Bldg.1, School of Science, The University of Tokyo, Hongo Campus
Language
Japanese

観測技術の進展により、電波からガンマ線、さらには宇宙線、重力波と様々な観測手段を我々は手に入れ、多波長・多粒子天文学が始まりつつあります。特にガンマ線帯域は、Fermi が GeV 領域において3000天体を報告し、2018年には CTA/LST 初号機が完成し、今後 >30 GeV 領域でも 1000天体程が発見されると期待されています。しかし、 MeV ガンマ線帯域は、観測の難しさから、1991年に打ち上げられた CGRO 衛星以降大きな進展がありません。 MeV ガンマ線は X 線以下の低エネルギー領域とガンマ線領域をつなぐ帯域であると同時に、核ガンマ線という新しい観測指標を我々にもたらす重要なエネルギー帯域でもあります。一方で、予算規模の大きな衛星計画の道のりは長いのも事実です。そこで、本研究会では、2020年代に計画されている MeV ガンマ線気球実験に焦点を当て、最新のMeV ガンマ線観測装置の現状・展望、MeV ガンマ線気球実験で可能となるサイエンスの洗い出しを兼ねた研究会を持つことになりました。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

場所:東大・本郷キャンパス 理学部1号館 2F 279号教室
世話人:井上 (理研)、深沢 (広大)、渡辺 (ISAS)、中澤 (名大)、小高 (東大)、前田 (京大)、高田 (京大)
主催:東京大学、理化学研究所数理創造プログラム