科学者の理論・仮説をもとにそれらが未来を一変させる可能性をプロトタイプとして具現化する。ティザーサイトにて第1弾予告「ブラックホールは、未来の情報ストレージ?」を本日公開。

国立研究開発法人理化学研究所数理創造プログラム(理研iTHEMS)は、一見役に立たないプロトタイプで人の心をインスパイアするプロジェクト「Useless Prototyping Studio」(ユースレス・プロトタイピング・スタジオ)を、本日12月9日(水)より発足します。
また本日公開のティザーサイト(URL https://uselessprototyping.jp )にてプロジェクト概要、およびプロトタイプ第1弾の予告「ブラックホールは、未来の大容量情報ストレージ?」を公開します。

プロジェクトの概要
「Useless Prototyping Studio」は、科学と世界の新しい関係づくりを目的に、「一見役に立たない」けれど人の心をインスパイアするプロトタイプをつくるデザインスタジオです。科学者の「未知への好奇心」から導き出された科学的理論・仮説をもとに、それらが未来を一変させる可能性を空想して、プロトタイプとして具現化することで、科学が持つ未来へのポテンシャルを可視化します。
このスタジオは、理研iTHEMSがクリエイティブ・ブティック「SCHEMA」および「addict」などと共同して活動を開始します。今後プロジェクトの進捗に応じて、パートナーや参画メンバーは順次拡大していく予定です。

― 「Useless Prototyping Studio」 概要 ―
【名称】Useless Prototyping Studio (読み方:ユースレス・プロトタイピング・スタジオ)
【URL】https://uselessprototyping.jp
【開設日】2020年12月9日(水)よりティザーサイト開設
【テーマ】プロトタイプ第1弾テーマ 「ブラックホールの中は、どうなっているのか?」
【プロトタイプ第1弾発表】2021年3月初旬予定
【プロジェクト参画メンバー】
 理研iTHEMS
 SCHEMA
 addict